コンサバ系メンズファッションのポイントやオススメブランドを紹介!

コンサバ系ってどんなファッション?

13

ファッションについて語られているのを耳にする際。よく「コンサバ系」という言葉が登場していますよね?その意味について、正しく理解はできているでしょうか?

コンサバ系の「コンサバ」は、コンサバティブの略です。コンサバティブとは「保守的」である様を意味します。つまり、トレンドや流行に流されていないスタイル、伝統的でいつの時代も愛される定番スタイルということになります。

コンサバ系というのは元々、女性向けのファッション用語でした。お堅い会社に勤めているOLさんが、通勤の際にしているようなファッションが、いわゆる「コンサバ系」にあたります。カラーは、黒、紺、茶などベーシックな色が中心。

ファッションで自己主張をするという考え方とは、真逆の位置にあるのが「コンサバ系」なわけですが、意外にもコンサバ系を着こなしている人の方が、その人自身の魅力が惹き立つため、異性からのウケは抜群だったりします。

コンサバ系は、極端に言えば、何かに縛られているファッションであり、その縛られている感じが、異性の心をくすぐるのです。いつの時代も「制服」がモテやはやされるのも、そのためであると捉えれば理解できるでしょう。

着こなしのポイントは?

12

メンズでコンサバ系と言われるファッションを目指すなら、まずおさえておくべきは、カチッとしたスーツスタイルにネクタイです。

ただ、上下セットアップのスーツを地味に着こなそうとすると、本当に出勤中のサラリーマンなテイストになってしまいますので、もう少しくだけた雰囲気が求められている場合は、マフラーを鮮やかなカラーのものにしてみたり、トップスをスーツではなく、襟つきのジャケットにしてみたり、インナーをボタンシャツからVネックのTシャツに変えてみるなど、自分なりにちょっとだけアレンジを加えてみましょう。

14

ただ、あまりやり過ぎて色々な要素を取り入れてしまうと、コンサバ系ではなく、流行の最先端を行こうとする「モード系」と呼ばれるジャンルにカテゴライズされるようになってしまいます。

ただ、明確にどこからどこまでがコンサバ系!と厳しくジャッジされているわけではありませんし、あくまでも自分のスタイルが場に合った雰囲気であるかどうかを最優先してくださいね。

オススメのブランドは?




SAKAZEN(サカゼン)

世界のインポートブランドが取り扱われている、スーツスタイルを中心としたメンズセレクトショップです。ビッグサイズが豊富に揃えられているなど、どんな体型の男性でも安心して利用できるところが魅力です。スーツ専門店というイメージが強いようですが、DIESELなど、カジュアルな雰囲気のブランドもラインナップに名を連ねていますよ!

D COLLECTION(ディーコレクション)

D COLLECTION(ディーコレクション)

ベーシックな雰囲気のアイテムがリーズナブルな価格で揃う、大人気のメンズオンラインファッションブランドです。専属のスタイリストさんに、チャットでコーディネートの相談を受け付けてもらえるところが、他にはない魅力として評判になっていますよ!試着代行サービスなども充実しており、ネットショッピング時代の新しいサービスの形を積極的に模索している優良サイトです。

まとめ

メンズファッションにおけるコンサバ系とは、どのようなものであるのか、お伝えしてきました。

コンサバ系は、世代を選ばず、男女も問わず、どんな層の人からも長きに渡って愛されている、定番のファッションです。

ラフなスタイルでお越しください…と言われても、本当はどうなの?という微妙に堅苦しそうなパーティーや、彼女の家族と初めて会わなければならない!などという緊張感の漂うシチュエーション…などなど。ここぞ!という時には、コンサバ系ファッションが必ず役に立ちますので、今から必要となりそうなアイテムを揃えておいてくださいね。